楽天カード

顧客満足度指数調査9年連続NO.1
年会費無料!楽天市場で高還元!

楽天カードの悪い評判を検証!実は利用者側にも問題ありと判明

楽天カードの悪い評判を検証!実は利用者側にも問題ありと判明

数あるクレジットカードの中で、知名度の高いカードを挙げると「楽天カード」を、外すことはできません。

テレビCMでも多く流されていて、他のクレジットカード会社のCMと比較しても、コミカルな内容で親しみを感じてしまいますよね。

ですが、楽天カードの利用者の中にはカードの酷評や悪評を訴える方も多く見られます。そこで、ネットに溢れている楽天カードの悪い評判を検証してみることにしました。

と、同時に楽天カード利用者の良い体験談も掲載しましたので、楽天カードがどのようなカードなのか!?は、本記事にてご自身で判断してみてくださいね。

楽天カードの悪い評判をまとめてみた結果!強制解除も!?

楽天カードの悪い評判を検索してまとめてみました。中には100万円の借金を作らされた!との書き込みもありましたね。

以下が楽天カードの悪い評判をまとめたものですが、これが本当なら一大事ですよ。

  • 勝手にリボ払いにされて、気が付けば100万円の借金に
  • 広告メールがうざい!取り消しても次々送られてくる
  • コールセンターに問い合わせても繋がらない
  • 分けわからない内に、強制解約されていた

色んな意見がありましたがまとめると、このようになります。100万円の借金が勝手にできた!なんて・・・これが本当なら由々しき問題ですね。

確かに、楽天カードについては様々な意見がネット上で溢れています。

今回は、悪評と言える書き込みを対象に真実を追求していきますので、最後までご覧ください。

悪い評判が本当かどうか、様々な角度から検証してみた結果

先の悪い評判が本当なら、悪魔のカードと呼んでも良いでしょう。しかし、悪評をそのまま鵜呑みにはできませんよね。

そこで、本記事では様々な角度から悪評を検証してみることにしました。

勝手にリボ払いにされた→検証結果・勝手にリボ払いにはならない

この悪評が最も重大な事案だと思われます。本当に勝手に100万円の借金ができたとすれば、カードを使うことすら恐ろしいことですからね。

先ず、「勝手にリボ払いにされた」とあることに注目して、楽天カードの申し込みフォームを確認してみました。

下記のように、申し込み者自身でリボ払いを申し込むか、否かを選択できるようになっています。

楽天カードの申し込みフォーム画像

画像では「申し込まない」にチェックをいれてあります。これで申し込めば、自動リボ払いではなく、一括払いとなります。

  • 勝手に自動リボ払いにはならない
  • 申し込み時点での不注意、もしくは自身が選択している
  • 結果として、この悪評の根拠はないことが判明

また、「あとからリボ払いキャンペーン」で、リボ払いに変更すると2000ポイントプレゼントなどの案内メールが届く事がありますが、やはりこれも会員自身が支払い方法を変更しなければ、リボ払いにはなりません。

つまり、勝手にリボ払いになることはないということです。

結果として勝手に100万円の借金はできないので根拠なし

先の申込時の検証によって、楽天カードでは勝手に自動リボ払いにはならないことが判明しました。

また、仮に自動リボ払いにしたとしてもリボ払いの手数料は、実質年率15%ですから、法外な利息ではありません。

  • 限度額一杯までリボ払いを利用している
  • 途中で繰り上げ返済などを行っていない
  • 自身の利用残高や返済額のチェックを行っていない
  • 楽天カードに限らず全てのカードに共通した個人の問題

と、言うことになりますね。リボ払いは確かに便利ですが、途中で繰り上げ返済などをしないと、ズルズルと限度額一杯まで利用してしまうのがデメリットです。

悪魔のリボ払いとも呼ばれていますが、肝心なのはカード利用するご自身の知識・節度・カード利用のマナーが、できていないことが原因なのですよ。

広告メールがうざい!取り消しても次々送られてくる

この悪い評判については、一部は本当ですね。ただし、それを迷惑ととるか情報提供ととるか、個人の見識の問題だと思います。

  • 楽天では常にイベント開催している
  • イベントのお知らせメールが多く届くのは事実
  • 迷惑かどうかは個人の見識の問題

楽天カードからの広告メールは少なくできる

楽天カード申し込み時メール受け取らない選択画像

上記は楽天カードを申し込む際の「楽天カードBESTレコメンドサービス」を受けるか否かの画面です。

ここで、「受け取らない」にチェックしておけば、楽天カードからの広告メールは配信されなくなるので、送られてくるメールは少なくなります。

ショップメールも防ぐことが可能

これは、楽天市場で買い物した際に決済時のページ下部にある、メールマガジンの登録画面です。

楽天市場決済時メールマガジン登録画像

とにかくメールを減らしたい方は、ここで「すべて解除」をクリックして、全てのチェックを外すことをお薦めします。そうすれば、かなりのメールの件数が減るはずですよ。

広告メールがうざいのは、自身の設定で回避できる

上記の検証の結果、この悪い評判も根拠はなく自身の設定で回避できるものでした。ただ、そうは言っても他のカード会社に比べ楽天カードからのメールが多いのは事実です。

メーラーの振り分け機能を使うなど、対策は必要かも知れませんね。

コールセンターに問い合わせても繋がらない

これについては、繋がり難いのは確かですね。ですが、楽天カードに限らずどのカード会社のコールセンターも、ゴールドカードのような上級カード専用の窓口でない限り、似たようなものですよ。

曜日や時間帯によっても異なりますが、確かに繋がり難いです。

土曜日のAM11:00で検証すると、8分50秒で繋がった

  • 自動音声案内⇒通話料無料
  • 各種問い合せ⇒通話料有料

通話料有料の各種問い合せの番号に、土曜日AM11:00に電話してみました。繋がるまでの時間を計測したところ、8分50秒でした。携帯電話を利用した場合だと、20秒で10円なので265円電話料金が必要でした。

重要な内容以外はチャットを利用すれば無料で済みます

実際にチャットで問い合わせた内容のスクリーンショット画像

電話だと繋がるまでイライラするし、電話代も勿体ない!と思われる方には、チャット機能をお薦めします。

  • カード番号や氏名など個人情報は書き込めない
  • 個人情報に関わる回答はしてくれない
  • ちょっとした疑問については回答してくれる

上記の条件があり、ある程度制約がありますが、例えば、「カードが到着したけれどポイントの付与はいつになりますか?」などの質問には答えてもらえます。

コールセンターに繋がり難いのはどこも同じ!チャット利用が便利

調査結果からコールセンターに繋がり難いのは、どのカード会社も同じですね。

また、曜日や時間のタイミングで待ち時間は異なってくるので、楽天カードだけが対応が悪いとは言い切れません。

チャットでは、回答開始まで数十秒で済みましたので、複雑な質問でなければチャット利用をお薦めします。

分けわからない内に、強制解約されていた

これは完全に言いがかりの書き込みですね。カード会社が理由なく強制解約することはありません。

  • どのカード会社でもカード到着時に約款がついている
  • 約款では、様々な条件が記載されていて解約についても記載あり
  • 解約される条件を満たしたのでカード会社が解約している

このように、カードの解約については理由なしに解約されることは絶対にありえないのです。

支払いの遅延、延滞、利用額オーバーなどの利用がある

  • 利用限度額をオーバーしてオーバー分の支払いをしていない
  • 数か月間、支払いの遅延があった
  • 支払いを延滞している

上記のような状況であれば、予告なしに解約されることもありますよ。支払いは守ること!と約款にしっかり記載されていて、カードを受け取った時点で承諾しているとみなされます。

ですから、楽天カードに限らず支払いを守らない会員には、カード会社から解約されることはありますので、真剣にご注意頂きたいですね。

やはり。きちんと調査してみると結構オーバーな書き込みとなっていますね。

ほとんど、クレジットカード利用のマナーが守られていない状況が悔やまれます。

調査の結果楽天カードの悪い評判は嘘になる!会員自身に問題があると判明

調査の結果はこれまでのとおりです。結果的に楽天カードの悪い評判は、根拠のない嘘であると判明しました。

全て、会員自身の問題であり逆恨みの書き込みであると思われますね。ここで、せっかくですので楽天カードのスペックを少しご紹介しておきましょう。

楽天カードは年会費無料で高還元!100円=1ポイント

楽天カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 年会費無料のカードなのに付帯サービスが多い
  • 100円=1ポイントなので、ポイントがザクザク貯まる
  • 貯まったポイントは加盟店で1ポイント1円で使える
  • ENEOSやマクドナルド、ミスタードーナツでも貯まる
  • 海外旅行保険最高2,000万円利用付帯

これらも人気の一つと言えるでしょう。確かに各店舗で買い物をする時に、楽天ポイントのマークを見かける機会が増えています。

お店のスタッフの方も会計時に「楽天ポイントカードはお持ちですか?」と伺ってくれるので、ポイントの取り損ねがないのが嬉しいですね。

2017年JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で9年連続1位

JCSIとは、サービス産業生産性協議会(SPRING)が開発した、「因果モデル」を指します。

  • 満足に関わる心理的な構造全体を把握
  • 商品・サービスを購入、利用した時の心の動きをモデル化
  • サービスの利用前、利用後の全体を調査・分析
  • なぜ満足したのか・そしてどう行動するのかの因果関係を解明

少し判りずらいとは思いますが、簡単に言えば「その商品にいかに満足し、リピートするか」を解析しているとイメージすると良いでしょう。その結果、楽天カードは9年連続で顧客満足度が1位なのです。

2018年1月13日付けで公表された、2017年度通期カードショッピング取り扱い残高6兆円達成という楽天ニュースでも分かるように、いかに多くの方が、楽天カードを利用しているか一目で判る数字で、楽天カードの人気の高さがよく分かります。

楽天カードだけじゃない、本当の情報を見抜く力をつけよう

今回は、楽天カードの悪い評判について、真実であるかどうか調査を行いました。

結果は記事内でもお伝えしたとおり、真実とはかけ離れた書き込みであることが判明しました。

楽天カードに限らず、ネット上には様々な情報が挙がっています。

その情報を鵜呑みにして振り回されるのでなく、真実の情報であるかを見極める力を養うことが大切なのです。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断