ビックカメラSuicaカード

ビックカメラで11.5%の超高還元 
ビックカメラSuicaカード

【電子マネーSuica(スイカ)】Suicaでおすすめのクレジットカード

【電子マネーSuica(スイカ)】Suicaでおすすめのクレジットカード

Suicaカードをお使いの方は多いでしょう。料金を気にすることなく改札をタッチ&ゴーできるんですから、こんな便利なアイテムはありませんよね。

でもSuicaクレジットカードならもっと便利でお得ですよ。今回は、Suicaとクレジット機能の両方を併せ持つカードのご紹介です。

「なんだか使い方が難しそう」と不安に感じた方も、一度使い始めれば手放せなくなること必須!Suicaユーザーには絶対におすすめです。

まだ交通系電子マネーをご利用でない方も、ぜひSuicaクレジットカードからスタートしてみませんか?

Suicaクレジットカードでより便利に!利用方法の基礎知識

でもまだSuicaを持ったことのない方は、「Suicaクレジットカード」と言われてもピンときませんよね。

そこで先ずは、交通系電子マネーSuicaのことからご説明を始めましょう。

Suica初心者にもクレジットカード初心者にも、一からわかりやすく解説します。

Suica(スイカ)は全国各地の鉄道でも使える

電子マネーは私たちの生活に随分身近になりました。コンビニ等のレジでもiDやnanacoといった電子マネーのアイコンをよく見かけますよね。

今回ご紹介するSuicaは、電子マネーの中でも「交通系」というジャンルに属しています。

改札タッチ&ゴーで電車やバスの運賃を自動精算できるという、特別な機能を持った電子マネーなんですね。

交通系電子マネーサービスは、このように全国各地の鉄道会社がそれぞれ独自に展開しています。

交通系ICカードの全国相互利用サービス説明画像

各交通系電子マネーはそれぞれのエリアを跨ぐ利用はできませんが、相互利用は自由にできます。

例えばSuicaエリアでICOCAを使うこともできますし、またその反対も可能です。

Suicaは駅ナカのお店でも使える!

また交通系電子マネーは運賃としてだけでなくお買物にも使えます。

この通り多くの駅ナカのお店がSuicaに対応しており、駅に一歩入ればSuicaだけでOK!現金はほとんど使わずに済みます。
  • 駅ナカの自販機
  • 駅ナカのコンビニ
  • 駅ビル
  • その他駅構内の店舗
  • 車内販売

以下は日本コカコーラが設置するマルチマネー自動販売機の画像です。

日本コカコーラが設置するマルチマネー自動販売機画像

Suicaは街ナカでもコンビニなど利用範囲が広い

Suicaは交通系電子マネーの中でも特に利用範囲が広く、駅の外でも不便がありません。

以下はSuicaが使える街ナカのお店のほんの一例です。

  • 【コンビニ】セブンイレブン、ローソン、ファミマ等
  • 【スーパー】イオン、イトーヨーカドー等
  • 【家電】ビッグカメラ、ヨドバシカメラ、ソフマップ等
  • 【書店】紀伊国屋書店、BOOK OFFグループ
  • 【飲食】ガスト、すき家、Coco壱番屋、KFC等
  • 【ドラッグストア】ツルハドラッグ、ココカラファイン等

Suicaはチャージしないと使えない

またSuicaそのものの利用にも事前準備が必要です。Suicaはプリペイド(先払い)型電子マネーなので、チャージ(入金)しないことには使えないからです。

改札をタッチ&ゴーできるのも、十分なチャージ残高があってこそ。初乗り運賃分の残高がなければ入場することもできません。

ではSuicaにはどうやってチャージすればいいのでしょうか?

その手段は大きく分けると以下の2通りです。現金チャージは駅券売機のほか、コンビニなどでも可能ですよ。

  • 現金チャージ:ポイントが貯まらない
  • クレジットチャージ:ポイントが貯まる

Suicaは現金チャージではポイントを獲得できない

チャージはどちらでもお好きな方法を選べますが、現金チャージだとポイントが貯まりません。

一方クレジットチャージならクレジットカードの方にポイントが貯まるので、こちらの方がお得です。

でもどんなクレジットカードでも使える訳ではありません。

中にはSuicaにチャージできないクレジットカードや、チャージできてもポイントがつかないカードもあるからです。

Suicaクレジットカードならチャージポイントが貯まる

これからご紹介する一体型のSuicaクレジットカードなら、もちろんSuicaにチャージできますしポイントも貯まります。

それに一体型なら一度にSuicaとチャージ用カードの両方が手に入り、お財布もかさばらずいいこと尽くめです!

多機能タイプは失くすのが心配だという方もいますが、一体型は2枚持ちよりも保管や管理がしやすく、むしろ安全なんですよ。

Suicaは電車やバスだけでなく、コンビニやお店でも使える電子マネーです。現金でもチャージできますが、ポイントを貯めたいならクレジットカードを使うべき。特にSuica一体型がおすすめですよ!

Suicaを利用する方におすすめのクレジットカード!タイプ別にご紹介

ではこれから順番に、おすすめのSuicaクレジットカードを4種類ご紹介しましょう。

いずれもSuica一体型なので、クレジットカード入会と同時に電子マネーSuicaが手に入ります。

タイトルに特徴を記載しましたので、それを目安にあなたにピッタリのタイプを選んでくださいね。

オートチャージはSuicaクレジットカードに欠かせない機能

ところで記事中に「オートチャージ」という言葉が出てきます。これはとても重要な機能ですので、先に用語解説しておきましょう。

Suicaオートチャージ

  • 利用時に自動チャージされるため残高不足の心配がない
  • ポイント付与は通常の3倍=還元率1.5%(※注)
  • (※注)VIEWプラス適用のクレジットカードに限る

Suicaオートチャージは便利な上にお得な機能で、今回ご紹介する全てのSuicaクレジットカードはこのサービスに対応しています。

Suica系最強カード!最大還元率11.5%のビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • ビックカメラとコジマで合計11.5%還元
  • 基本還元率は実質1%の高還元
  • Suicaチャージで1.5%還元
  • Suicaオートチャージ機能つき
  • 年1度でも利用すれば年会費無料

ビックカメラSuicaカードは年会費実質無料、基本還元率も高く、ビックカメラで11.5%還元という超お得なクレジットカードです。

ビックカメラでは通常クレジット決済よりも現金払いの方がビックポイント付与率が高いのですが、このカードだけは例外で、現金払いと同率のポイントが獲得できます。

ビックカメラやコジマでは2通りの支払いが可能ですが、以下のように還元率に差が出ます。Suicaで支払う方が1.5%分お得ですね。

  • ビックカメラSuicaカードでクレジット決済:10%
  • オートチャージしたSuicaで決済:11.5%

また、他のビューカードの場合基本還元率が0.5%ですが、ビックカメラSuicaカードの場合、0.5%のビューサンクスポイントに加え、0.5%のビックポイントがつく為、基本還元率が1%と高還元なのです。

年会費も年に1度利用すれば無料となりますので、Suicaを利用する方に一押しのクレジットカードです。

定期券が搭載できるビュー・スイカカード!通勤通学に便利

ビュー・スイカカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • カード到着まで最短一週間
  • オートチャージでポイント3倍!1.5%還元
  • 定期券・Suica・クレジット機能三位一体で便利
  • 年会費は本人/家族とも477円
  • Web明細利用で年間600円分ポイント付与

ビュー・スイカカードは発行がスピーディーなので、お急ぎの方にもおすすめです。基本的機能はバッチリで、オートチャージ設定すればSuica利用の還元率は1.5%以上に!

定期券や切符購入も1.5%還元で、定期券・Suica・クレジット機能が三位一体となった便利なカードです。

Suicaは駅ナカや街ナカの加盟店でもポイントが貯まるので(登録が必要)、Suicaを使っていれば還元率は最大2.5%に!お買物にも大変おトクな1枚です。

定期券を搭載できる為、通勤・通学にSuicaを利用する方におすすめのクレジットカードですね。

JALマイルを貯めてる方ならJALカードSuica

JALカードSuica

カードの詳細へ
  • マイル+クレジット+Suica+JALタッチ&ゴーの4機能
  • 改札もチェックインもスイスイ!
  • ポイントはマイルに移行できる
  • Suicaオートチャージでポイント3倍(還元率1.5%)
  • 年会費2,000円(税別)初年度無料

出張や移動の多い方におすすめしたいのがJALカードSuicaです。

JALカードSuicaなら、飛行機も電車もこれ1枚でOK!Suicaオートチャージでポイントが3倍(還元率1.5%)貯まります。

またJALカードSuicaは、チェックイン不要の「JALタッチ&ゴーサービス」が使えるので、改札だけでなく空港もチケットレスで移動できて便利ですよ。

貯めたポイントは、600ポイント以上600ポイント単位で何度でもJMBマイルに移行できますし、JMBマイルでSuicaにチャージすることも可能です。

ANAマイルを貯めてる方ならANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカード

カードの詳細へ
  • SuicaとANAマイル機能が1枚に
  • 貯めたポイントをマイルやSuicaに移行できる
  • ANA搭乗でボーナスマイルが貯まる
  • 年会費2,000円(税別)初年度無料

ANAをご利用の方にはこちらがおすすめです。ANA VISA Suicaカードは、ANA搭乗でボーナスマイルが貯まるおトクなカード。もちろん電車移動はSuicaでスイスイです。

ただし今回ご紹介する4種類のカードのうち、このカードだけは提携カードでビューカードの全サービスには対応していません。

でもSuicaにオートチャージできるANAカードはANA VISA Suicaカードだけですよ。

1ポイント→5マイルへの移行なら、マイル移行手数料無料で対応できる点も魅力ですね。

Suicaクレジットカードはどれもおトクですね。Suicaはオートチャージ設定がおすすめです!これなら残高不足の心配もなく、加盟店で使えばポイントが効率よく貯まります。

SuicaポイントがJRE POINTへ共通化!もっと利用できるポイントへ進化

SuicaポイントがJRE POINTへ共通化される説明画像

2017年12月5日に、SuicaポイントがJREポイントに統合されました。それにより2017年11月30日をもって、Suicaポイントクラブのサービスは終了しています。

貯めたSuicaポイントは、JRE POINTに移行が可能です。移行手順を簡単にご紹介しておきますね。

JRE POINTへの移行手続き手順

Suicaポイントの移行手続きには、JRE POINT WEBサイトへの登録が必要となります。

1. JRE POINT WEBサイトへアクセス
2. メールアドレス・パワードを入力し仮会員登録
3. 仮会員登録したメールアドレスに本登録用アクセスURLが届く
4. 届いたURLへアクセスしメールアドレスとパスワードを登録(本登録)
5. メールアドレスとパスワードを入力しログイン
6. Suicaポイントクラブから移行される方を選択
7. Suicaポイントクラブのパスワード、ユーザーID、氏名、生年月日等を入力
8. 移行手続きを進める

SuicaポイントがJRE POINTへ移行手続き説明画像

Suicaポイントの有効期限は、ポイント獲得日から翌年の3月末までです。Suicaポイントクラブ会員の方は、有効期限までにSuicaポイントをJRE POINTへ移行してくださいね。

JRE POINTへ共通化されポイントの有効期限が実質無期限

JRE POINT有効期限説明画像

SuicaポイントがJRE POINTに統合された事により、有効期限が実質無期限となりました。

Suicaポイントの有効期限は最長2年(ポイントを獲得した日から翌年度の3月末まで)でしたが、JRE POINTは最後にポイントを使った日や貯めた日から2年です。

利用さえしていれば、有効期限は無期限と同じですね。

JRE POINTは1ポイント1円でSuicaチャージできる

統合されたJRE POINTは、1ポイント1円としてSuicaにもチャージできますよ。1円単位でポイントが消化できる為、無駄になる事もありませんね。

更に、JRE POINTは2018年3月よりSuicaグリーン券への交換が可能となる予定です。

また、ビューカードなどの利用で貯まるビューサンクスポイントも、2018年にJRE POINTへ統合される予定ですので、今後のサービス拡大が楽しみですね。

対象店舗でSuicaを利用すればポイント2重取り!合計還元率2%

Suicaはチャージで1.5%ポイントがつくクレジットカード活用で、チャージ&利用でポイント2重取りが可能です。

チャージで1.5%、更に利用(対象店舗のみ)で0.5%、合計2%のポイントを獲得できます。

先にご紹介したクレジットカードでチャージした際にポイントが貯まり、下記マークがあるお店で利用すれば、利用の時にもポイントを獲得できます。

Suica利用でポイントが貯まるマーク画像

ポイント2重取りが可能できる店舗(駅ビル内店舗・駅構内)

ここでSuica利用によってポイントを獲得できる店舗の一部をご紹介しておきましょう。

  • NewDays:200円で1P
  • KIOSK:200円で1P
  • BOOK EXPRESS:200円で1P
  • 黒塀横丁:200円で1P
  • 北町ダイニング:200円で1P
  • GRANSTA(グランスタ):200円で1P
  • GranAge(グランアージュ):200円で1P
  • Beker’s:200円で1P
  • 駅そば:200円で1P
  • 蕎香:200円で1P
  • 新幹線・特急列車の車内販売:200円で1P

ポイント2重取りが可能できる店舗(街ナカ)

  • Ario(関東・東北・中部エリア店舗のみ):200円で1P
  • イトーヨーカード(関東・甲信越・東北エリアのみ):200円で1P
  • 紀伊國屋書店(関東・東北・新潟エリアのみ):100円で1P
  • コナカ(関東・東北エリアの店舗のみ):100円で1P
  • 洋服の青山(関東・山梨エリアのみ):100円で1P
  • ホテルニューグランド:200円で1P
  • ANA機内販売(国内線):200円で1P

JREポイントはJR東日本の共通ポイントですから、Suica利用によってポイントが貯まる主な店舗は、JR駅構内の店舗や駅ビル内の店舗が中心ですね。

2018年3月にはSuicaグリーン券もポイントで購入可能になるなど、JRE POINTは今後、ますますサービスの拡大が期待できる共通ポイントですね。

Suicaクレジットカード【上級編】モバイルSuica活用術!

最後にSuicaクレジットカードの上級編として、「モバイルSuica」のこともご説明しておきましょう。

一般的な電子マネーにも携帯端末で使えるタイプが増えてきていますが、Suicaにもモバイルタイプがあります。

先にご紹介した一体型Suicaクレジットカードを保有していても、モバイルSuicaの追加や切り替えは自由にできます。カードタイプに慣れたら、是非こちらもご検討くださいね。

モバイルSuicaはカードタイプよりもっと便利!

こちらがモバイルSuicaの利用イメージです。

一般的な電子マネーでもそうですが、カードよりもモバイルの方がサービスや機能がレベルアップします。

モバイルSuicaイメージ画像

この通り、モバイルSuicaはチャージもスマホ上で可能ですし、同様に新幹線の切符や特急券も購入できます。

何より利用時にパスケースやお財布を出す必要がないのがスマートですよね。

モバイルSuicaには年会費が1,030円(税込)かかる

ところでモバイルSuicaご紹介のついでに、ここでちょっとSuicaにかかるコスト全般についてまとめておきましょう。

【Suicaに必要な料金】

・Suicaカード:デポジット500円
・クレジット一体型Suica:無料
・モバイルSuica:年会費1,030円(税込)

最もシンプルな「Suicaカード」(クレジット機能なし)を単体で求める場合、デポジット料として500円が必要です。これは預かり金ですので、解約時には戻ってきます。

今回ご紹介した4種類の一体型Suicaクレジットカードの場合、Suicaのデポジット代金は徴収されませんので、従ってクレジットカードを解約しても返金はありません。

ところがモバイルSuicaの場合は「年会費」がかかります。

デポジット代金ではなく年会費なので毎年徴収されますし、もちろん解約しても戻ってきません。

しかも1,030円(税込)と結構な値段なので、便利とはいえちょっと勿体ない気がしますね。

Apple Pay(アップルペイ)ならモバイルSuicaの年会費が無料

便利でお得なモバイルSuicaですが、おサイフケータイ対応なのでiPhoneユーザーは利用できません。

しかしiPhone7以上なら、Apple Pay(アップルペイ)が使えます。

Apple Pay(アップルペイ)とは、iPhoneにカード情報を取り込める、おサイフケータイに類似したサービスです。

取り込み方もとても簡単!取り込みたいクレジットカードやSuicaカードの上にiPhoneを置くだけで、情報がiPhoneに転送されます。

読み取られたカードはiPhone内で自由に使え、iPhone内でチャージもできて大変便利ですよ。

Apple Payイメージ画像

iPhone内で新規でSuicaを購入できる

今のところApple Pay(アップルペイ)で使える交通系電子マネーはSuicaだけです。

でもエリア外の方でも、iPhone内で新規でSuicaを購入する事もできます。

なおこれには入会金や年会費は一切かかりません。

Apple Pay(アップルペイ)の使い方については、こちらの記事で是非ご確認くださいね。

また、Apple Pay(アップルペイ)のメリットデメリットを紹介した記事では、Apple Payの注意事項を解説していますので、是非合わせてお読み頂くことをおすすめします

モバイルSuicaはビューカードなら年会費が当面無料!

しかしこの年会費を支払っている人は、実はかなり少ないはずです。といってもこの人達がズルをしている訳じゃありませんよ。

特定のクレジットカードでチャージ登録すれば、モバイルSuicaの年会費は「当面無料」になるのです。

特定のカードとは「ビューマークのついたクレジットカード」です。

これ以外のクレジットカードで登録すると、モバイルSuicaには年会費がかかりますのでご注意くださいね。

今回ご紹介した4種類のSuicaクレジットカードは全てビューマークつき。従ってモバイルSuicaを追加しても年会費はかかりませんので、安心してご登録してください。

「当面無料」という表現がちょっと気になりますが、すでにサービス開始から随分経っており、今さら有料への変更はないだろうというのが大筋の見解です。

モバイルSuicaなら新幹線もタッチ&ゴー!

では具体的にモバイルSuicaでは何ができるのかをご説明しましょう。

携帯端末で改札をタッチ&ゴーできるのは、実は通常の改札だけではありません。

新幹線(東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線)でも、以下の手順で同じことが可能です。

  • (1)チケット情報を携帯情報端末にダウンロード
  • (2)新幹線の改札をタッチ&ゴー

モバイルSuicaなら一部の路線の特急券が割安に

モバイルSuicaは携帯端末で特急券が買えて、「モバトク」「スーパーモバトク」で割引サービスまで適用されます。

【モバイルSuica特急券「モバトク」】

・普通車用(指定席・自由席)
・グリーン車用
・グランクラス用のモバイル特急券
・発車時刻前まで払い戻しが可能
・一部対象外の路線もあるので注意

【スーパーモバイルSuica特急券「スーパーモバトク」】

・東北・北海道・山形、秋田、上越、北陸新幹線の一部路線のモバイル特急券
・モバイル特急券よりも更に割安になる

グリーン券も券売機に並ぶ必要はなく、アプリにて購入可能です。しかも車内料金よりも安い「モバイルグリーン料金」で手に入ります。

モバイルSuicaは利用状況がリアルタイムで確認できる

またモバイルSuicaはアプリで管理するため、利用状況をリアルタイムで確認できるという利点があります。

Suicaは鉄道やショップなど利用範囲が非常に幅広いため、その結果毎月かなりの金額が動きます。

どれだけ使ったかを常に把握することは、家計管理のためにも欠かせません。

モバイルSuicaはいつも手にしている携帯端末で好きな時にチェックできますから、これ以上の安心はないでしょう。

モバイルSuicaはとても便利ですが、おサイフケータイ対応ですよね。ということは、iPhoneユーザーはモバイルタイプを諦めるしかないんでしょうか?
iPhone7以上なら、Apple Pay(アップルペイ)でSuicaが使えます。Suicaアプリに会員登録すれば、モバイルSuicaと同等のサービスが利用できますよ。

Suicaクレジットカードで交通と買物のどちらも便利でお得に!

Suica機能つきのクレジットカードなら、交通も買物もどちらも便利!お出かけも旅行も出張も、これ1枚でOKです。

飛行機の利用が多い方・通勤通学にSuicaをご利用の方・また家電好きの方にピッタリなものなどタイプはバラエティに富んでおり、きっとあなたにピッタリの1枚が見つかります。

Suicaクレジットカードがあれば、あなたの生活がより便利でお得になりますよ。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断