ポイントアップモールは実店舗も対象
年会費優遇サービスでお得に利用可能

三井住友VISAクラシックカードは高ステータスで実質年会費無料

三井住友VISAクラシックカードは高ステータスで実質年会費無料

ステータスの高いカードは年会費が気になりますよね。三井住友VISAクラシックカードは意外に低価格なんです。

しかもある裏技で、初年度の年会費0円のまま使い続けることもできます。カードフェイスはとても重厚ですが、実は意外とリーズナブルなクレジットカードなんですよ。

この三井住友VISAクラシックカードのお得な使い方や付帯サービスの活用術を解説していきます。

キラキラVISAクラシックカードの写真VISAクラシックカードの公式はこちら

三井住友VISAクラシックカードの実質的なメリットと魅力

  • 年会費の免除条件クリアでずっと0円
  • クラシックカードAは付帯保険がより充実
  • ポイントUPモールなら最大ポイント20倍
  • 「ココイコ!」で街中のお店もポイントUP
  • 4種類の電子マネーに対応
  • 3営業日で発行可能

三井住友VISAクラシックカードは、年会費が免除になるほか、街中のお店の利用でも効率よくポイントが貯まります。

カード発行スピード説明画像

カード発行のスピードが早い点も魅力で、最短3営業日で発行ができますよ。

必要に応じてクラシックカードAという選択肢もありますので、是非詳細をチェックしてみてくださいね。

三井住友VISAクラシックカードはバランスの良い機能で、リーズナブルなのに大人の風格漂うクレジットカードとして一押しですよ。

三井住友VISAクラシックカードは年会費免除条件利用で2年目移行も年会費無料

三井住友VISAクラシックカードは、年会費免除条件を上手く利用すれば、ステータスカードを年会費無料で持つことができるお得なカードなのです。

三井住友VISAクラシックカードの年会費は、初年度無料、次年度以降1,250円です。

そのままでは毎年1,250円が引き落とされますが、三井住友VISAクラシックカードは以下の条件をクリアすれば年会費が無料になりまよ。

三井住友VISAクラシックカード年会費免除条件

  • ①「マイ・ペイすリボ」を登録すること
  • ②前年度中に1回以上カードを利用すること

②は簡単ですが、①の「マイ・ペイすリボ」についてご説明しておきましょう。

「マイ・ペイすリボ」とは一定額以上がリボ払いになる返済方法

マイ・ペイすリボとは、毎月の支払いが一定額以上になった時にだけ、超過分が自動的にリボ払いになる仕組みのことです。

といってもマイ・ペイすリボの設定金額は自分で決めれるので、高く設定すれば実質一回払いと変わりません。

マイ・ペイすリボ説明画像

これはマイ・ペイすリボの設定金額を「5,000円」にした場合の支払い例です。一回払いなら7月の請求額は5万円ですが、マイ・ペイすリボに登録していれば毎月の支払額は5,000円です。

設定金額を限度額まで引き上げればリボ払いにはならない

ただこのままでは残高分に対して、年15.0%の手数料(利息)が発生してしまいます。そこでマイ・ペイすリボに登録しても、リボ払いにならない良い方法をご紹介しましょう。

マイ・ペイすリボの設定金額をカードの限度額に設定しておく事です。

月々の支払金額をカードの限度額と同じ金額に設定しておけば、実質1回払いとなり、リボ払いの手数料も発生しません。

このような下準備をしておくだけで、ずっと無料で使い続けることができる為、三井住友VISAクラシックカードはリーズナブルなカードですよね。
年会費永年無料のカードは一杯出ているし、クレジットカードの機能なんてどれも似たようなものでしょう?
年会費無料のカードは、一部のサービスや機能が犠牲になっていることが殆どですよ。

その点三井住友VISAクラシックカードの場合、年会費免除条件をクリアすれば無料ですから、コストも内容も充実した1枚と言えますね。

三井住友VISAクラシックカードはネットも街中も買物がおトク

ステータスの高いカードの還元率は0.5%と一般的です。三井住友VISAクラシックカードの基本還元率も0.5%と一般的なカード還元率と言えますね。

ところが、三井住友VISAクラシックカードには還元率をアップできるサービスが多数揃っていてお得なのです。

利用金額に応じて還元率アップ

三井住友カードのポイントプログラムは、年間の利用金額に応じて還元率がアップしていきます。

前年度利用金額 ステージ ボーナスポイント 合計還元率
300万円以上 V3 50万円で150ポイント
以降10万円ごとに30ポイント
0.65%
100万円以上300万円未満 V2 50万円で75ポイント
以降10万円ごとに15ポイント
0.575%
50万円以上100万円未満 V1 50万円で50ポイント
以降10万円ごとに10ポイント
0.55%

基本還元率が0.5%と平凡でも、三井住友VISAクラシックカードには、還元率を更に底上げする2つの方法があります。

ポイントアップするショッピング方法

三井住友VISAクラシックカードは、以下の2つ通りの方法でお買い物がお得になります。

  • 「ポイントUPモール」でオンラインショッピング
  • 「ココイコ!」のエントリーで街中のお店でショッピング

ポイントUPモールを使うと、通常の2倍から20倍もポイント倍率がアップします。

アマゾンや楽天などいつものオンラインモールが、ポイントUPモールを経由するだけでどんどんお得になりますよ。

ポイントUPモールのサイトでは、うっかり経由忘れのないように便利な「ポイントUPチェッカー」を配布中。是非こちらもご活用してみてくださいね。

「ココイコ!」で実店舗でもキャッシュバックやポイントアップ

三井住友VISAクラシックカードの特徴は、「ココイコ!」を使って街中のお店でも同様にポイントアップが可能なところです。

ココイコ説明画像

「ココイコ!」とは、事前にエントリーしてから街の対象店舗でカードを利用すると、ポイントが上乗せされたりキャッシュバックを受けられるお得なサービスのことで、キャッシュバックかポイント、どちらか選択できます。

ココイコの特典例

ココイコの特典内容説明画像

  • 高島屋:ポイント3倍 ORキャッシュバック1%
  • 松坂屋:ポイント3倍 ORキャッシュバック1%
  • 東急百貨店:ポイント3倍 ORキャッシュバック1%
  • 洋服の青山:ポイント6倍 ORキャッシュバック2.5%

ココイコ!の使い方の手順

ココイコ使い方の手順説明画像

  • 1.ココイコ!のサイトで行きたいお店にエントリー
  • 2.ポイント獲得かキャッシュバックかのいずれかを選択
  • 3.有効期限内にお店で買い物
  • 4.特典ゲット

エントリーは何度でもOKで、実際にお店へ行くかどうかは後で決めても構いませんし、買い物直前にスマホでエントリーしてもOKです。

エントリーも2週間有効ですから、慌てて出かけなくても大丈夫ですよ。

今ならポイントプラス5倍もしくはキャッシュバック2.5%上乗せ

ココイコでポイント5倍上乗せ説明画像

今なら、通常のココイコ特典に加えてポイント5倍もしくはキャッシュバック2.5%上乗せのどちらかが適用され、更にお得にお買い物を楽しめますよ。

三井アウトレットパークの例

例えば。三井アウトレットパークで買い物をした場合、以下のようにポイントが上乗せされて大変お得です。

  • ポイント通常3倍→8倍
  • キャッシュバック通常1%→3.5%

こちらのキャンペーンは2019年1月31日まで開催されてますので、是非この機会にショッピングをお得に楽しんでくださいね。

三井住友カードのポイントプログラムはワールドプレゼント

三井住友VISAクラシックカードは、1,000円利用につき1ポイントのワールドプレゼントポイントが貯まっていきます。

1,000円未満の端数は切り捨てされますが、月の累計金額に対してポイントが貯まるシステムです。

累計でポイントが貯まる為、利用の都度端数を切り捨てられる事はなく取りこぼしも最小限に防げますね。ワールドプレゼントポイントの有効期限は2年間です。

ポイント付与対象外に注意

ワールドプレゼントポイントは、下記利用分がポイント付与対象外となりますので注意してくださいね。

ワールドプレゼントの交換先

貯まったワールドプレゼントは、以下に交換できます。

  • キャッシュバック
  • 商品券や景品
  • 他社ポイント
  • マイレージ
  • 三井住友VISAプリペイド(カード発行型)

キャッシュバック

iDバリュー説明画像

キャッシュバックは、カード利用金額に充当、もしくは「iDバリュー」と呼ばれるiD利用分に充当できますよ。

  • カード利用に充当:1ポイント3円
  • iD利用分に充当:1ポイント5円

iD利用分でキャッシュバック(iDバリュー)した方が還元率が高いです。キャッシュバックを選ぶならiDバリューを是非選択してくださいね。

交換できる商品券

交換できる商品券 交換ポイント数
ミスタードーナツ商品券1,000円分 300ポイント
すかいらーく商品券1,000円分 300ポイント
Amazonギフト3,000円分 900ポイント
モスカード1,000円分 250ポイント
図書カード1,500円分 500ポイント

商品券においては、当選した場合20分の1の確率で通常の金額の3倍分の商品券に交換できます。当選したかどうかは、景品が届いてからのお楽しみですね。

マイレージ

航空会社 移行レート 移行単位
ANA 1ポイント=3マイル 100ポイント以上100ポイント単位
クリスフライヤー 1ポイント=3マイル 100ポイント以上100ポイント単位
クラブ・ミッレミリア 1ポイント=3マイル 200ポイント以上100ポイント単位

他社ポイント

ポイント名 移行レート
ワールドプレゼント1ポイントあたり
移行単位
三井住友カードWAON 5ポイント 200ポイント以上
100ポイント単位
その他のWAON 4ポイント 200ポイント以上
100ポイント単位
nanaco 4ポイント 200ポイント以上
100ポイント単位
楽天Edy 4円 200ポイント以上
100ポイント単位
スターバックスカード 4円 200ポイント以上
100ポイント単位
ベルメゾン 5ポイント 200ポイント以上
100ポイント単位
dポイント 5ポイント 200ポイント以上
100ポイント単位
Tポイント 4ポイント 200ポイント以上
100ポイント単位
Pontaポイント 4ポイント 200ポイント以上
100ポイント単位

ふるさと納税

ワールドプレゼントポイントは、ふるさと納税にも活用する事ができますよ。

交換ポイント数 ふるさと納税 お礼の品
2,100ポイント 島根県浜田市
(寄付額1万円)
寄付金に応じたカタログ
が送付される
(カタログより選択)
4,100ポイント 島根県浜田市
(寄付額2万円)
寄付金に応じたカタログ
が送付される
(カタログより選択)
2,100ポイント 長崎県平戸市
(寄付額1万円)
寄付金に応じたカタログ
が送付される
(カタログより選択)
4,100ポイント 長崎県平戸市
(寄付額2万円)
寄付金に応じたカタログ
が送付される
(カタログより選択)
2,100ポイント 宮崎県綾町へ寄附
(寄付額1万円)
綾ほんものアイスセット

ふるさと納税って何!?と思われた方は、ふるさと納税の仕組みを分かりやすく解説してますので、是非こちらの記事も合わせて読んでみてくださいね。

対応する電子マネーは全部で3種類

街中のお店では電子マネーの利用も便利です。三井住友VISAクラシックカードは多くの電子マネーに対応しており、以下の3種類の申込みが可能ですよ。

PiTaPa

PiTaPaカード画像

  • 費用:1,000円→年1度の利用で無料
  • 形態:専用カード
  • チャージ不要
  • 電車やバスでも使える
  • タッチするだけで簡単

WAON

WAONカード画像

  • 費用:発行手数料300円
  • 形態:専用カード
  • 毎月20日・30日はイオンで5%OFF
  • 毎月5日・15日・25日はポイント2倍(還元率1%)

iD

iDカード、おサイフケータイ画像

  • 費用:無料
  • 形態:おサイフケータイ、専用カード、クレジットカード一体型
  • 後払い式でチャージ不要
  • iD利用分もポイントが貯まる

電子マネーは端末にかざすだけで決済ができて便利ですし、少額決済時に活躍してくれることでしょう。

三井住友VISAクラシックカードポイントUPモールを経由したり、ココイコ!で事前エントリーすることで、通常の数倍以上のポイントを稼ぐことができるお得なカードです。

三井住友VISAクラシックカードの様々な特典内容

三井住友クラッシックカードは、実店舗の買い物でもポイントを多くゲットできるだけでなく、その他にも様々な優待サービスがあります。

ここからは、三井住友クラシックカードの特典内容をご紹介していきましょう。

VJトラベルデスクで旅行海外パッケージツアー5%OFF

VJトラベルデスク海外5%OFFで利用できる社名画像

海外ツアー5%OFF

  • クラブメッド(ClubMed)
  • ANAハローツアー
  • ユナイテッドツアーズ
  • 日本旅行(MACH)
  • JALパック
  • プレイガイドツアー

海外ツアー3%OFF

  • 日本旅行(Best)
  • JALパックスペシャル
  • プレイガイドツアーくるり

海外ツアー3%相当額VJAギフトカードプレゼント

VJトラベルデスクギフトカードプレゼント会社画像

  • 阪急交通社(クリスタルハート)
  • 阪急交通社(阪神航空フレンドツアー)

三井住友カード会員は、「VJトラベルデスク」から国内・海外パッケージツアーの予約をすると、同伴者も一緒にツアー代金が3~5%OFFとお得に利用できます。

VJトラベルデスク国内5%OFFで利用できる社名画像

国内ツアー5%OFF

  • 日本旅行 (赤い風船)
  • クラブメッド(ClubMed)
  • ANAスカイホリデー
  • JALパック

GlobePass(優待プログラム)でアジアのレストランが優待価格で楽しめる

優待プログラムが利用できるレストラン画像

GlobePassとよばれる優待プログラムは、アジアのレストランや免税店を割引価格で楽しめるお得なクーポンを利用できます。

お得なクーポンはGlobePass(グローブパス)のウェブサイトから、いつでもゲットできますので、海外旅行へ行かれる方は是非チェックしてみてくださいね。

対象国

韓国国民銀行で外貨両替手数料が30%OFF

GlobePass(優待プログラム)の中には、韓国国民銀行での両替手数料優遇サービスもあります。

韓国で約1,100の支店を持つ韓国国民銀行で、三井住友カードとパスポートを提示するだけで、円からウォンへ両替する際の両替手数料が30%OFFになります。

韓国旅行の予定がある方は、韓国国民銀行で両替すれば外貨両替手数料がお得ですね。ただし、ウォンから円への両替はサービス対象外です。

三井住友VISAカードは今話題のApple Pay(アップルペイ)も利用可能

Apple Pay説明画像

三井住友VISAクラシックカードは、iPhone7で簡単に決済ができるApple Pay(アップルペイ)が利用できて便利です。

Apple Pay(アップルペイ)を利用する際、支払いには電子マネー「iD」が割り当てされます。三井住友カードをApple Payに登録すれば、電子マネー「iD」が利用できる店舗で利用頂けますよ。

「iD」が利用可能な店舗は下記の記事でご紹介してますので、是非あわせて読んでみて下さいね。

銀聯カードも追加可能

銀聯カードの画像

公式サイトはコチラ

銀聯カードは、年会費が無料、今なら新規カード発行手数料も無料で持てますよ。5年に1度の更新時に、1,000円(税別)の発行手数料がかかるだけです。

銀聯カードは中国ホテルの優待宿泊プランが利用できるなどの特典もありますし、中国には必携のカードです。中国に出張や旅行に行く予定がある方は、是非銀聯カードへのお申込みをおすすめします。

三井住友VISAクラシックカードの弱点は旅行保険?有効な対策とは

実質年会費無料でステータスも高い三井住友VISAクラシックカードですが、いいことばかりではなく実はちょっとした弱点があります。

それは旅行保険の補償についてです。さて、果たしてこの弱点はカバーすることができるのでしょうか?

三井住友VISAクラシックカードは海外旅行保険のみ

その前に、先ずは三井住友VISAクラシックカードの付帯保険をチェックしておきましょう。以下が海外旅行障害保険の補償内容です。

  • 傷害死亡、後遺障害:最高2,000万円
  • 傷害治療費用:15万円
  • 疾病治療費用:15万円
  • 賠償責任:2,000万円
  • 携行品損害:15万円
  • 救援者費用:100万円

補償項目は傷害や疾病治療なども網羅されていますが、それぞれの補償金額が低いのが気になります。それに全て利用付帯で、旅行費用をカード決済していない限りどの補償も適用されません。

三井住友VISAクラシックカードの旅行保険には、以下の通り全部で3つのデメリットがあります。

  • 補償金額が低い
  • 海外旅行傷害保険しかない
  • 利用付帯である

利用付帯の保険は旅行費用をカード決済する必要がある

3つの弱点のうち、重要な利用付帯についてご説明しておきましょう。クレジットカードに付帯の旅行保険には、利用付帯と自動付帯の2種類があります。

自動付帯の保険はカード会員である限りどんな旅行でも適用されますが、利用付帯はカード利用が条件なので、旅行費用をカード決済していないと適用されません。

また利用付帯は保険請求にやや時間がかかるという難点も。このようなこともあって、海外旅行用にはなるべく自動付帯の保険が望ましいのです。

旅行保険が必要な方には「クラシックA」がおすすめ

そこで旅行の多い方に是非おすすめしたいのが、同じシリーズの「三井住友VISAクラシックカードA」です。

こちらのタイプは旅行保険が強化され、三井住友VISAクラシックカードの3つの弱点を全てカバーできます。

以下が三井住友VISAクラシックカードAの海外旅行傷害保険の補償内容です。

  • 傷害死亡、後遺障害:最高2,000万円
    (自動付帯分300万円、利用条件分1,700万円)
  • 傷害治療費用:100万円
  • 疾病治療費用:100万円
  • 賠償責任:2,500万円
  • 携行品損害:20万円
  • 救援者費用:150万円

補償額も上乗せされていますが、もっと大切なことは全項目が自動付帯になることですね。

ただし傷害死亡・後遺障害の自動付帯分は300万円のみで、旅行費用をカード決済することで最高2,000万円の補償となります。

「クラシックA」には国内旅行保険もついて年会費は250円高い

また「クラシックA」には国内旅行傷害保険もついてきます。傷害死亡・後遺障害のみで、こちらも自動付帯分は300万円です。

  • 傷害死亡、後遺障害 最高2,000万円
  • (自動付帯分300万円、利用条件分1,700万円)

「三井住友VISAクラシックカードA」は保険が充実する代わりに、年会費は250円分高く1,500円です。

でもクラシックカードAにも年会費免除が適用されるので、2年目以降の年会費は実質無料です。海外旅行によく行く方なら、クラシックカードAがおすすめです。

三井住友VISAクラシックカードの海外旅行傷害保険は利用付帯なので、旅行費用にカードを使わない限り補償がつきません。

しかしクラシックカードAなら、旅行保険が自動付帯になり補償金額も上乗せされます。海外旅行によく行く方なら、こちらのタイプがおすすめですよ。

三井住友VISAクラシックカードの基本情報

三井住友VISAクラシック

公式サイトはコチラ

最後に三井住友VISAクラシックカードの基本情報をまとめました。旅行保険のところで少し触れた、三井住友VISAクラシックカードAの基本情報も併せてご覧ください。

内容 三井住友VISAクラシックカード クラシックカードA
年会費 1,250円(税別)
初年度無料 免除有
1,500円(税別)
初年度無料 免除有
申込資格 満18歳以上 満18歳以上
家族カード 1人目は初年度無料※1 1人目は初年度無料※1
ETCカード 2年目以降500円※2 2年目以降500円※2
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 利用付帯 最高2,500万円 自動付帯※3
国内旅行傷害保険 最高2,000万円 自動付帯※3
その他付帯保険 ショッピング補償 100万円 ショッピング補償 100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON※4 iD、PiTaPa、WAON※4
還元率 0.5% 0.5%

※1 家族カードで買物利用3回以上の場合年会費無料
※2 前年度利用があれば無料
※3 傷害死亡/後遺障害は自動付帯分300万円、利用条件分1,700万円
※4 いずれも申込みが必要

三井住友VISAクラシックカードとクラシックカードAとの違いは旅行保険の補償内容です。

大人が持つに相応しい定番クレジットカードですが、マイ・ペイすリボの登録と年間一度の利用だけで年会費も無料で使い続けることができますよ。

三井住友VISAクラシックカードは低コストで持てる定番カードです

三井住友VISAクラシックカードは、ステータスを重んじる方にも十分満足いただける定番クレジットカードです。

しかも意外に低コストで、簡単な方法で2年目以降も年会費無料にできるので、節約を意識する方にもおすすめです。ショッピングもポイントUPモールやココイコ!の利用で、より多くのポイントが貯まります。

なお旅行保険の補償内容をより補強したい方には、同じシリーズのクラシックカードAをご検討ください。

三井住友VISAクラシックカードは、簡単な条件をクリアすれば年会費も無料になり、オンラインでも街中のショップでもポイントがよく貯まるリーズナブルなクレジットカードです。

弱点は旅行保険ですが、海外へよく行く方にはクラシックカードAという選択肢も。大人に相応しい定番カードとして、非常にバランスの良い三井住友VISAクラシックカードを是非ご検討ください。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断