アメックスグリーンカード

過去の履歴を重視しない欧米審査
スーパーホワイトに一押しアメックス

スーパーホワイトはクレジットカード審査に通りにくい!原因と解決法

スーパーホワイトはクレジットカード審査に通りにくい!原因と解決法

あなたはスーパーホワイトという言葉を聞いたことがありますか?クレジットカードなどの審査に通らない状態を俗にブラックと呼びますが、実はこのスーパーホワイトも審査に通りにくいのです。

あなたが何度審査を受けてもクレジットカードを持てないのは、ひょっとしたらこれが原因かもしれませんよ。これからスーパーホワイトがどんな状態で、どういう人がなるのか詳しく解説します。

またそこから脱出できる簡単な方法も併せてご紹介しますので、心当たりのある方はぜひご一読ください。

スーパーホワイトとは!?スーパーホワイトが審査に通りにくい理由

ブラックのことは知っていても、スーパーホワイトは初耳だという方は多いはず。一般には余り知られていませんが、実はこのスーパーホワイトの人も金融審査に通りにくいのです。

しかも本人に自覚がないため、問題がこじれて悪化する危険性も。心当たりのある人は要注意ですよ。ではこのスーパーホワイトとは、一体どういう状態を指すのでしょうか?

スーパーホワイトとは信用情報に記録のない人

一言で言うと、スーパーホワイトとは信用情報に一切記録のない人、もしくはその状態を指しています。信用情報が真っ白なので、スーパーホワイトと呼ばれます。

「信用情報ってなに?」と思った方のために、ここで信用情報機関についてご説明しておきましょう。現在国内には以下3つの指定信用情報機関が存在しており、信用情報を集約して企業に提供しています。

  • JICC 日本信用情報機構
  • CIC 割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関
  • JBA 全国銀行個人信用情報センター

そして信用情報とは、個人の過去から現在に渡るクレジットカード、ローン、キャッシングの利用履歴のことです。

信用情報には個人の信用取引の全てが記録されている

これまでに一度も借金や住宅ローンの経験がない人も、信用情報とは決して無縁ではないんですよ。過去に以下の利用が一つでもあれば、信用情報機関にはあなたの情報が必ず登録されているからです。

  • クレジットカードの申し込み・利用
  • 割賦払い
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • カードローン
  • 銀行や消費者金融からの借り入れ

信用情報には各企業が照会した記録も含まれますから、審査に落ちてしまった場合も、申込みをした記録は一定期間残っています。

なおプリペイドカードや電子マネーカード(プリペイドタイプ)の審査なしで作れるカードの利用は、信用情報とは関係ありません。

審査では必ず信用情報がチェックされる

あなたの信用情報は、クレジットカードやローンなど金融関係の審査時には必ずデータ照会されます。企業は提出された申込書だけでなく、この信用情報も使って審査結果を出しているですね。

信用情報機関には、個人情報含めその人の過去から現在にかけての利用状況が全て登録されています。

  • 契約内容
  • 返済状況、支払状況
  • 利用残高
  • 申し込み状況
  • 住所や勤務先など個人情報

企業はこれらの情報を総合して、その人を審査に通すべきかどうかを判断します。

ところがこの信用情報に一切記載がないとしたら、十分な審査ができませんよね。だからスーパーホワイトの人はクレジットカードの審査に通りにくいのです。

スーパーホワイトはおよそ30歳以上

しかし信用情報が真っ白だからといって、誰もが必ず審査に落ちる訳ではありません。審査に落ちやすいのは、ある程度年齢が高いスーパーホワイトの人達です。

審査に落ちやすいスーパーホワイトの特徴

  • 信用情報の登録が一切ない
  • およそ30歳以上

若い人がスーパーホワイトが原因で審査に落ちることはありません。20代の人は、カードやローンの利用実績がなくて当然だからです。

審査落ちの原因としてスーパーホワイトが考えられるのは、およそ30歳以上からだと言われています。

現金主義は信用されない?

それにしても現金払いを通してきただけなのに、それが原因でカードやローンの審査に落ちてしまうなんて納得いかないですよね。

でも現金主義が悪い訳ではありません。審査する側から見ると、スーパーホワイトの人にはもう一つ大きな懸念があるのです。それが「ホワイトの疑い」です。

ホワイトはスーパーホワイトと違って、信用情報に深刻な問題のある状態です。ホワイトの前に、まずブラックについてご説明しましょう。

ブラックになると5年間は金融サービスが使えない

信用情報の中でも金融トラブルである事故情報・異動情報は、企業にとっては決して無視できない重要なものです。事故情報や異動情報とは以下の事を指します。

  • 長期延滞、自己破産、債務整理
  • 登録期間は5年

事故情報・異動情報のことを一般にブラックと呼びますが、こうなるとどこで審査を受けても通りません。何故なら先にご紹介した3つの信用情報機関は、お互いに情報を共有し合っているからです。

ホワイトは金融事故を起こした後の状態

こういったネガティブな情報が登録されている間は、金融サービスを利用することができないので、新たな信用情報が追加されることもありません。

そして5年経ち登録機関が終われば事故情報も消えてしまい、全ての情報が真っ白な状態に戻ります。これがホワイトです。

問題は、見かけ上はホワイトとスーパーホワイトが全く同じに見えてしまうことです。

その結果、金融トラブルとは無縁なはずのスーパーホワイトの人までが、審査上不利になってしまうんですね。

スーパーホワイトの人は早い対策が必要

特に年齢の高いスーパーホワイトの人ほど、ホワイトを疑われる危険性も増えていきます。

過去に一度もカードやローンを使ったことがないのにどうしても審査に通らないという人は、このスーパーホワイトが原因かもしれません。

このままではローンを組んだりクレジットカードを作るのがが難しくなる一方ですよ。できるだけ早く手段を講じて、この状態から脱出しましょう。

お金を借りたこともないしローンを使ったこともないのに、スーパーホワイトの人が審査に落ちるとは不可解です。これってどうしてなんですか?
過去に金融事故を起こした人の信用情報も、スーパーホワイトの人と同じで真っ白だからです。利用実績がないだけでなく、過去にブラックだったことを疑われているんですね。

スーパーホワイトの脱出方法!脱出におすすめのクレジットカード

幸いなことに、スーパーホワイトから脱け出すのはそれほど難しいことではありません。

次にその方法と、それに最適なアイテムをご紹介します。どなたでも簡単にできますので、スーパーホワイトに心当たりのある方は是非試してみてください。

なおこの方法は、過去ブラックだったホワイトの方にも同じ様に有効ですよ。

携帯電話のローンなら審査に通りやすい

スーパーホワイトから脱出する方法はただ一つ、金融サービスの利用実績を作ることです。

ただしスーパーホワイトがそもそも審査に通りにくい状態ですから、ハードルの高い審査は避けた方が無難ですよね。そこで比較的審査にパスしやすい以下の契約がおすすめです。

  • 携帯電話の割賦払い
  • 電化製品の割賦払い

いずれも販売促進という目的があるので審査が甘いのが特徴です。家電の買い替えやスマートフォンの機種変更なら、どなたもすぐにできるのではないでしょうか。

ただし利用実績を作るのに何よりも大切なのは、利用金額の多さではなく毎回支払日をキチンと守ることです。くれぐれも延滞だけはしないよう気をつけてくださいね。

審査に通りやすいクレジットカードもおすすめ

当面家電やスマホを買い換える予定のない方には、クレジットカード入会がおすすめですよ。クレジットカードの利用実績を重ねれば、誰でも必ずスーパーホワイトから脱出できます。

ただしどんなクレジットカードでもいいという訳ではなく、やはりできるだけ作りやすいカードを選ぶ必要があります。

そこで次に、スーパーホワイトでも審査に通りやすいクレジットカードをご紹介しましょう。

審査の間口が広く即日発行に対応!ACマスターカード

ACマスターカードは消費者金融アコムが発行するクレジットカードです。クレジットカード審査は消費者金融系<流通系<交通系<信販系<銀行系の順に難易度が変化する為、消費者金融系の審査ハードルが一番低いのです。

また、一般的なクレジットカードはクレヒス(クレジットカード利用履歴)を重視する傾向がありますが、ACマスターカードは今現在の状況を重視してくれる点もおすすめの理由の1つですね。

ACマスターカードなら年会費も無料で作れますし、最短即日発行にも対応している上に土日祝日もカード発行に対応して貰えるので、お急ぎの方にもおすすめですよ。

また、ショッピング利用分の0.25%が自動キャッシュバックされてポイント交換の手続きも不要ですから、忙しい方にも向いてますね。

ACマスターカードはクレヒス実績を積むのに最適な、審査ハードルの低いクレジットカードとしてスーパーホワイトの方におすすめです。

ACマスターカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 ACマスターカード
年会費 無料
スペック ・インターネット返済で手数料不要で24時間返済が可能
・最短即日発行に対応
・ショッピング利用分0.25%自動キャッシュバック
・リボ払い専用カード
・クレジット機能でカードローンユーザーの方も使いやすい

過去の履歴より現在の状況重視の外資系審査!アメックス・グリーンカード

アメックスグリーンカードはスタンダードタイプです。券面の色からグリーンカードと呼ばれます。スタンダードでもゴールドカード以上の特典が付帯する、お値打ちのクレジットカードなのです。

ステータスの高いカードですが、アメックスは外資系企業で審査が欧米式の為、取引履歴(クレヒス)をあまり重視しません。

ですから、スーパーホワイトの方でも審査に通りやすいんですね。アメックス・グリーンカードは入会しやすいのにも関わらず高いステータスを楽しめる点も魅力の1つと言えるでしょう。

空港ラウンジサービスが同伴者も1名無料など豊富なアメックスの特典が使えますので、グレードの高いカードが欲しい方にアメックス・グリーンカードはおすすめですよ。

アメックス・グリーンカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 アメックスグリーンカード
年会費 年会費12,000円(税別)
スペック ・外資系で審査に通りやすい
海外旅行保険最高5,000万円
国内旅行保険最高5,000万円
・充実したプロテクション機能
・空港ラウンジ同伴者も1名無料サービス
・豊富なアメックスの旅行優待サービス

年会費無料で優待豊富!間口が広いライフカード

ライフカードも審査に通りやすく、しかもコストパフォーマンスの高いお得なクレジットカードです。

審査に通りやすい理由は、ライフカードが消費者金融系(親会社が消費者金融アイフル)で審査の間口が広いからです。

ブランド毎の海外優待や、豊富な国内優待サービス、誕生月はポイント3倍(還元率1.5%)と、お得なサービスを数多く実施しています。

ライフカードはレジャー施設を割引価格で楽しめたり、カードを提示するだけでホテルが10%OFFになるなどの優待が豊富ですから、お出かけにきっと役立つことでしょう。

ライフカードカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 ライフカード
年会費 年会費無料
スペック ・誕生月はポイント3倍(還元率1.5%)
・入会後1年間はポイント1.5倍(還元率0.75%)
・ステージ制プログラムで最大ポイント2倍
・豊富な優待サービス
スーパーホワイト状態から脱けだすには、家電やスマホの分割払い、またクレジットカードによって利用実績を作ることが当面の課題です。特にクレジットカード入会は手軽でおすすめですよ。

スーパーホワイトをクレジットカードで脱出する時の注意点

クレジットカードの入会と利用は、スーパーホワイトを脱け出すのにはとても良い方法ですが、いくつか注意点もあります。

クレジットカード入会は利用実績を作るための重要な過程ですから、ここで失敗することのないよう、ぜひ目を通してくださいね。

多重申し込みするとブラックになってしまう

カード入会を焦る人の中には、万が一通らなかった時のことを考えて、一度に何枚もカードを申し込む人がいます。しかしこれは逆効果で、なおさら審査に通らなくなってしまいます。

これは多重申し込み・申し込みブラックと呼ばれる状態で、こうなるとどの審査にも通りません。

申し込みブラック

  • 多重申し込みすると一時的にブラック状態になる
  • 短期間に続けて審査を受けるのもNG
  • 審査可否は関係ない・申し込み件数がカウントされる

申し込みブラックからの脱出方法は半年間申込まないこと

申し込みブラックは、自分がスーパーホワイトだという自覚がない人も陥りやすい状況です。

審査に落ちた原因が分からずに、次々とカードを申し込んでしまうんですね。数日おきの早いピッチの申し込みも、やはり申し込みブラックに繋がります。

このブラック状態から脱出する方法はただ一つ、半年間は申し込みを断つことです。半年経てば、信用情報機関からは申し込み情報が消えてしまうからです。

申し込み件数は1ヶ月に3〜4回が限度だと言われていますので、クレジットカードは余裕をもって申し込んでくださいね。

カード保有数が増えると審査に通りにくくなる?

カード利用実績が順調に増えれば、無事スーパーホワイト状態からも脱出できます。その結果、よりハードルの高いクレジットカードを持つこともできるでしょうし、様々なローンの審査もクリアできるようになるでしょう。

適当な間隔をあけて審査を受ければ申し込みブラックになる心配もありませんし、1人で数多くのクレジットカードを保有することも可能です。

しかしクレジットカードの保有枚数が増えれば、やはり審査に通りにくくなってきます。というのも、クレジットカードには利用枠というものが決まっているからです。

クレジットカードの利用枠

  • そのカードで使える利用額の上限
  • 信用に応じて審査で決まる
  • 利用額が増えると増額することもある

クレジットカードを次々作れば、それに従ってその人が使えるカード利用枠も増えていきます。しかし限度を超えればそれ以上利用枠を作れなくなるため、他に問題がなくてもクレジットカードの審査に落ちてしまうのです。

その場合は不要なカードの退会手続きをして、利用枠を調整してください。

スーパーホワイトではなくブラックかも!?

最後の最後に重大な問題についてご説明します。自分がスーパーホワイトであることを知らない人がいる一方で、本当はそうではないのにスーパーホワイトだと勘違いする人達もいます。

こういう人は、スーパーホワイトの対策を行っても問題は決して解決しません。

実はそういう人はスーパーホワイトではなく、「自覚のないブラック」である可能性が高いのです。

2ヶ月を越える長期延滞でもブラックになる

でも自分がブラックなのに、それに気づかないなんてことがあるんでしょうか?

債務整理や自己破産しない限り大丈夫と思っている人がいますが、実は長期延滞もブラックに含まれます。

2ヶ月を越えればもうブラックですから、自覚のない人がいても不思議ではないですよね。

分割払いしてることに無自覚な人もいる

また今は販促サービスの一環として気軽にローンを組めますから、割賦払い自体にも無自覚になりがちです。

自分がスーパーホワイトだと思っていても、実はしっかりローンを使っていて、しかも長期延滞までしている可能性だってあるんですよ。

例えばスマートフォンの割賦払いを電話料金と一緒に払い込んでいて、電話料金の滞納からブラックになってしまう若い人が増えていますが、これなどその典型的な例ですよね。

正確な情報のために信用情報の開示請求も必要

私たちの生活にクレジットやローンは深く関わっていますから、正確な情報を知ろうと思ったら信用情報機関を使うのが一番です。

信用情報機関は登録企業だけでなく、自分の信用情報を知りたい個人にも情報を提供しています。

例えばCICでは、以下の方法でインターネットから自分の信用情報を開示請求することができますよ。なおこの手続きにはクレジットカードが必要で、利用手数料として1,000円かかります。

【CIC:個人信用情報開示請求】

①クレジットカードに登録した電話から受付番号を取得
②サイト画面で受付番号を入力
③PDFファイルをダウンロード

自分の信用情報を見れば、現在の利用状況だけでなく、過去の利用履歴やその日付も全て確認できます。

CICかJICCに開示請求するのがおすすめ

なお3つの信用情報機関のうち、どこに請求をかければいいのか分からない方もいるでしょう。

それぞれの機関に加盟している企業の主な種類は以下の通りですので、これを参考にしてください。

信用情報機関 主な加盟企業
CIC カード会社など
JICC 貸金業者など
JBA 銀行、信用金庫など

3つ全部請求してもいいのですが、一件あたり1,000円程度の手数料がかかるので、1回で済めばその方がいいですよね。

大きな企業は複数の機関に重複して登録していますから、まずはCICかJICCのいずれかに請求をかけることをおすすめします。

スーパーホワイトから脱出したくても、一度に何枚もカードを申し込めばブラック状態に陥ってしまいます。また実際には延滞でブラックになっていることに気づいていない人もいるので、不安な方は信用情報を開示請求してみましょう。

スーパーホワイトはクレジットカードを作れば脱出できます

スーパーホワイトは信用情報が真っ白という特殊な状態ですが、誰でも若い時はスーパーホワイトなんですよ。

クレジットカードやローンの利用実績を重ねることで、簡単にスーパーホワイトを脱出できます。

ただしその際には、審査に通りやすいハードルの低いクレジットカードを選んでくださいね。また自分がスーパーホワイトかどうかはっきりしない人は、信用情報の開示請求をおすすめします。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断