ステータス抜群!三井住友ゴールド

TableCheck Payが使える
ステータス抜群!三井住友ゴールド

TableCheck Pay(テーブルチェックペイ)ならお会計がスマート

TableCheck Pay(テーブルチェックペイ)ならお会計がスマート

キャッシュレスが進んでいく中で、三井住友カードから一歩先をゆく新サービスが提供されているのをご存じですか?

そのサービス名は「TableCheck Pay(テーブルチェックペイ)」。現金もクレジットカードさえも不要で、スマホがあれば飲食代を支払うことができるサービスです。

しかも、必ずしもスマホにアプリをダウンロードする必要はなく、レストランでスマートかつスピーディーに支払いを完了させることができるのです。

そんなTableCheck Payとは一体どのようなサービスなのか、詳しく解説していきます。

キャッシュレスがさらに進化したTableCheck Pay(テーブルチェックペイ)

TableCheck Pay(テーブルチェックペイ)とは、飲食店の予約管理などを行うTableCheckと三井住友カードが提携して2018年12月10日から開始された、新しいキャッシュレス決済サービスのことです。

キャッシュレス決済といっても、クレジットカードもレジでQRコードをかざす操作も不要なのです。どのようなサービスなのか、さっそく見ていきましょう。

TableCheck Pay導入店はサイトで確認可能

まずTableCheck Payを利用するには、店舗がTableCheck Payに対応していることが前提条件になります。

TableCheck導入店舗

TableCheck Pay対応店舗はTableCheckサイトから確認、予約することができますよ。

サイトにアクセスすると、地域、利用時間、人数で検索することができ、詳細検索の「TableCheck Pay利用可能店舗」にチェックを入れると、TableCheck Payが使えるお店が表示されます。

表示されたお店をクリックすると、より詳しい店舗情報や予約可能なコース等が確認できます。

条件や希望に合致したお店があれば、そのままネット予約が可能です。

初回予約時に会員情報とカード番号の登録が必要

予約には、人数・日時・プラン・予約者情報の入力が必要です。予約者情報として、初回利用時には会員登録とクレジットカード番号の登録が求められます。

サービス開始当初は三井住友カード発行の限られたカードしか使えませんでしたが、現在は以下のクレジットカードが利用できます。

  • VIsa
  • Mastercard
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners
  • JCB

また、一部店舗ではnihaopay, WeChatPay, Alipay+銀聯カードも使えます。登録が済んだら、予約内容の確認ページで「TableCheck Payを利用する」を選択して、予約を完了してください。

その後、登録したメールアドレスまたは電話番号にメール・SMSにて予約確認の案内が届きます。これで事前準備は終了です。あとは、予約当日にお店に行くだけです。

TableCheck Payは、どのレストランでも利用できるのですか?

それから、クレジットカードの登録が必要とのことですが、デビットカードやプリペイドカードでも使えますか?

TableCheck Payは、TableCheckサイトで予約したレストランのみで利用できます。

TableCheckサイト掲載のお店でも、TableCheck Payには対応していないところもありますから、気を付けてくださいね。

デビットカード等は原則利用不可です。クレジットカードを登録しましょう。

TableCheck Pay(テーブルチェックペイ)の使い方!スマホも不要な新サービスも開始

ここからは、予約したレストランにて、TableCheck Pay(テーブルチェックペイ)を利用して支払いをする手順をご紹介します。

席を離れる事なくスマートにお会計ができるので、デートでも大活躍してくれること間違いなしです。

決済は3ステップでスピーディーに完了

まずは予約日時にレストランへ行き、お食事を楽しみましょう。

TableCheck決済手順①

お食事が終わったら、店員さんにTableCheck Payによるお会計をお願いします。

TableCheck決済手順②

登録したメールアドレスまたはSMSに請求通知が届きますので、スマホやタブレットで金額を確認して「確定」をクリックすれば支払い完了です。

TableCheck決済手順③

支払い完了画面を確認したら、そのまま退店できます。つまり、レジに並ぶ必要もお財布やクレジットカードを取り出す必要もないのです。

TableCheck決済完了お知らせメール

お知らせメールまたはマイページで支払いの確認ができるので、レシートを受け取る手間もありません。

スマホひとつで、非常に簡単かつスピーディーに支払いができますね。席を離れることなく一声で支払いが完了するスマートな点も、デートや接待では大活躍すること間違いないでしょう。

スマホさえ不要で自動決済できるオートペイが運用開始

そんな便利なTableCheck Payですが、2019年5月22日より、さらにスピーディーに決済ができるサービスの運用が開始されました。会計時にスマホさえいらなくなるサービスで、その名も「オートペイ」です。

オートペイサービス開始

利用方法はとっても簡単です。TableCheckサイトでお店を予約する際、クレジットカードの登録または選択画面にて「TableCheckオートペイを有効にする」にチェックを入れるだけです。

あとは通常通り予約を完了させ、当日お食事を楽しんだらそのまま退店することが可能です。

お財布もカードもスマホさえも出す必要がないのです。お店側が飲食代金の決済手続きをすると、決済金額の通知がメールまたはSMSにて届きますので、確認しておきましょう。

オートペイは上限金額を設定することができます。上限金額以内なら上記の手順で自動決済可能ですが、上限を超えた分については通常通りスマホでメール決済またはQRコード決済を行うことになります。

いつでも領収証がWEBから取り出せる「クラウドレシート」

もうひとつ新たなサービスとして、「クラウドレシート」が2019年5月30日よりスタートしました。TableCheck Payにて支払った金額のレシートを、いつでもWEBから発行できるサービスです。

お店でレシート発行を待たなくてもいいうえに、好きなタイミングで領収証を取り出せるので、お客さんの側も飲食店側も時間の節約につながります。

クラウドレシート仕組み

オートペイとクラウドレシートを併せて利用すれば、ますますスムーズにおいしい食事やお酒を楽しめるようになりますね。

TableCheck Payではお会計の手間と時間を省くことができます。

オートペイを利用すれば、店員さんへの声掛けやスマホも不要ですから、会話を途切れさせることなく食事の余韻を楽しみながら退店できます。

本当によくユーザーのことをよく考えて作られた決済方法ですね。

TableCheck Pay(テーブルチェックペイ)におすすめのクレジットカード

ご紹介してきたように、TableCheck Payなら飲食当日はカード不要で決済可能ですが、予約の段階でクレジットカードの登録が不可欠です。

そこで、TableCheck Payが利用できるおすすめのクレジットカードを2枚ご紹介します。

初年度年会費無料で特典豊富な三井住友VISAゴールドカード

最初にご紹介するのは、三井住友VISAゴールドカードです。三井住友VISAゴールドカードは、ステイタスの高いゴールドカードなのに初年度年会費は無料です。

2年目以降も、条件を満たせば年会費が割引される特典もあります。それでいて、旅行傷害保険や空港ラウンジ特典など、ゴールドならではの豊富なサービスはしっかり付帯する、老舗のゴールドカードです。

リーズナブルな年会費で信頼あるステータスカードが持てる点も三井住友VISAゴールドカードの魅力と1つと言えますね。

三井住友VISAゴールドカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 三井住友VISAゴールドカード
年会費 インターネット入会で初年度無料、2年目以降10,000円(税別)※
スペック ・ポイント基本還元率0.5%
・一部コンビニやマクドナルドで5倍
・ポイントUPモール経由で最大20倍
・前年度の利用額に応じてボーナスポイント
・家族カード発行可能(1人目:年会費無料、2人目:1,000円+税)
・ETCカード発行可能(初年度無料、2年目以降500円+税)
・iD、Apple Pay、PiTaPa、WAON利用可能
・最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険
・年間最大300万円のお買物安心保険
・国内主要空港ラウンジ利用可能
・ゴールドデスク
・ハーツGoldプラス・リワーズ
・空港宅配サービス15%OFF
・手荷物預かりサービス15%OFF
・レンタルモバイルサービス優待
・宿泊予約サービスReluxの最低保証価格から、さらに割引
(初回7%OFF、2回目以降5%OFF)

※WEB明細書サービスの利用で翌年度年会費1,000円(税別)割引
前年度利用額100万円以上で次回年会費が20%割引、300万円以上で半額
マイ・ペイすリボ申し込み&利用で翌年度の年会費半額

申し込み可能なカードで最上級の三井住友プラチナカード

次にご紹介するのが、三井住友カードで申し込み可能なカードの中で最高ステイタスを誇る、三井住友プラチナカードです。ステータスの高さはアメックスプラチナカードに次ぐ上級カードです。

やはりプラチナだけあって付帯サービスはゴールドカードの比ではなく、世界中で利用できる豪華はこの場で全てを紹介することは難しい程なのです。そこで、先にご紹介したゴールドカードの特典は付帯することを前提とし、プラチナ限定の特典を中心にご紹介します。

また、三井住友プラチナカードにはVISAとMasterCardの2種類の国際ブランドを選ぶことができ、国際ブランドでも付帯サービスが異なってきますが、ここでは2ブランド共通の付帯サービスをご紹介します。

三井住友プラチナカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 三井住友プラチナカード
年会費 50,000円(税別)※
スペック ・ポイント還元率0.5%
・ポイント有効期限が4年に延長
・半年ごとの利用額に応じてVJAギフトカードを年2回プレゼント
・コンシェルジュサービス
・D’sラウンジトーキョー
・SMBCパーク 栄のプライベートラウンジ利用可能
・最高1億円の国内・海外旅行傷害保険付帯
・年間500万円のお買物安心保険付帯
・海外・国内航空便遅延保険付帯
・海外空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パス
・プラチナオファー
・宝塚歌劇優先販売
・USJユニバーサル・エクスプレス・パス1日1枚プレゼント
・USJカードラウンジ利用可能
・ゴルフ優待
・プラチナグルメクーポン
・プラチナワインコンシェルジュ
・通信販売カタログ掲載の特選品が5%割引
・プラチナホテルズ
・国際線手荷物無料宅配 等

※WEB明細書サービスの利用で翌年度年会費1,000円(税別)割引

三井住友プラチナカードは年会費50,000円(税別)と高い設定ですが、試してみたい豪華なサービスがたくさんありますね。

しかし、もちろんゴールドでもその他の年会費無料カードでも、TableCheck Payを利用することはできますよ。当然ながら、飲食代でポイントも付きます。

TableCheck Pay(テーブルチェックペイ)は、ぜひ一度体験したい決済サービス

TableCheck Payは、TableCheckと提携した三井住友カードが会員のために作った新しい決済サービスです。しかし、今では三井住友カード会員に限らず、誰でも利用することができます。

TableCheckには、他のグルメ予約サイトには掲載されないような素敵なお店も多く、検索や予約もスムーズにできて使い勝手にも優れています。予約時にTableCheck Payの利用にチェックを入れるだけで、スマホ一つで決済が可能になります。

しかも、オートペイ機能を利用すれば、スマホも不要で決済ができてしまいます。時間の節約になるだけでなく、食事やお酒の席がより楽しくなるサービスです。ぜひ活用してみてくださいね。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断