オリコ「OricoCard THE POINT」

公共料金の支払いにはこのカード!
高還元!オリコカードザポイント

公共料金こそクレジットカードで!賢く支払ってよりお得に!

公共料金こそクレジットカードで!賢く支払ってよりお得に!

毎月必ずお財布から出て行く公共料金ですが、ただ支払っているだけでは特に何のメリットもありません。

でもこれをクレジットカード支払にするとしたらどうでしょう?支払ったお金の一部は、必ずポイントという形であなたのお財布に戻ってきます。

そこで月々の公共料金をクレジットカード払いにすれば一体どれだけお得になるのか、一度考えてみませんか?手続きも意外とカンタンですし、今切り替えればよりお得になるケースもあります。

ただし、カード払いにしないことがいい場合もあるなど、注意点もあります。そこで、公共料金のクレジットカード払いについて、詳しく確認していきましょう。

クレジットカードによる公共料金の支払い方法はショッピングと同じ

クレジットカードで公共料金が払えることは、もうほとんどの方がご存知のことと思います。

ですが、「仕組みがよく分からない」「なんだか面倒くさそう」と思ってしまうことが理由で、公共料金の支払いをクレジットカード払いにしていないと言われる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、どんな風にカードで公共料金が支払われるのかを見ていきましょう。

支払の仕組みはショッピングと同じです

この図は公共料金のクレジットカード払いを申込んだ際の、手続きと請求の流れです。今回は東北電力を例に挙げてご紹介しましたが、他の電力会社やガス会社なども同様です。

手続きと請求の流れ説明画像

カード会社が料金の立て替えをする点も、お店で買物をするショッピング利用の仕組みと全く同じですね。

公共料金の場合、毎月これが繰り返されますので、あなたは何もする必要はなく支払は毎月自動的に行われることになります。

クレジットカード払いできる公共料金

クレジットカード払いにできる公共料金には、以下のようなものがあります。

  • 電気代・都市ガス代
  • 固定電話使用料
  • 水道代

クレジットカード決済できる公共料金画像

また、消費者庁の分類によると公共料金には含まれませんが、以下のような毎月支払う料金もクレジットカード払いにしておくと公共料金と同じようにポイントを貯められおトクになる可能性がありますので、合わせてチェックしましょう。

  • プロパンガス代
  • 携帯電話使用料
  • プロバイダー料金
  • 放送料金
  • 新聞の購読料

支払方法の切換えは利用している企業の指定する方法で行おう

支払方法をカード払いに変更したい時には、申し込みはカード会社で行える場合と申し込み先の企業に対して行える場合とがあります。

例を挙げて確認しますが、東北電力の場合は、カード会社ではなく東北電力に対してインターネット上で申し込みをするか、インターネットまたは電話で申込書を取り寄せて郵送で申し込みをすることで、カード払いにすることができるとホームページ上で案内されています。

公共料金支払い方法変更手段

ちなみに、北海道電力の場合は以下のいずれかの方法でカード払いの申し込みが可能です。

  • クレジットカード会社に申し込みをする
  • 北海道電力に直接申し込む

クレジットカード会社に申し込みをする場合は、インターネット経由でオンライン申し込みをする方法か、インターネットか電話で申込書を取り寄せて申し込みをする方法を選ぶことができます。この場合は、北海道電力に連絡をする必要はありません。

北海道電力に直接申し込む場合は、インターネットか電話で申し込みをします。直接カード会社への申し込みする方法に対応していないクレジットカードを持っている人は、こちらの方法を利用することになります。

このように、申し込み先の企業によって申し込み方法は異なりますので、ご利用の企業の案内を確認した上で、指定された方法で申し込みを行いましょう。

企業やお住まいの自治体によっては、公共料金の支払いがカード払いに対応していない場合もありますので、それも合わせて確認する必要があります。
公共料金も、ショッピングをする時と同じ仕組みでクレジットカードを使って支払うことができます。

申込方法も簡単なので、ポイントを貯めるためにもカード払いを検討してみるといいですね。

公共料金の支払いにおすすめの高還元クレジットカード

公共料金をカード払いにする際に気になるのが、肝心のカードポイントのことです。実はクレジットカードの種類によっても、どのくらいお得になるかが違ってきます。

つまり、カードのポイント還元率の差が問題なのです。

ポイント還元率が高いカードを持っているほどポイントがたくさんつくわけですから、これは意識しておきたいところですね。

では、還元率によってどれくらいおトクになるのか、どのカードがお勧めなのか、詳しく見ていきましょう。

クレジットカードによってお得度が変わる!?

クレジットカードによるお得度の違いを、各家庭の〈水道光熱費〉の平均支払金額を元に計算してみることにします。

総務省統計によると、3人世帯でひと月約22,000円ぐらいです。この3人世帯の〈水道光熱費〉をクレジットカード払いにした時、果たしてどのくらいお財布に戻ってくるのか、ポイント還元率別に比較してみましょう。

一般的なポイント還元率である0.5%のカードと、ポイント還元率が高い1.0%のカードでは、以下のような差が出ます。

ポイント還元率(%) 戻って来るお金(円/月) 戻って来るお金(円/年)
0.5% 110円 1,320円
1.0% 220円 2,640円

公共料金のカード払いを検討するなら、それと同時により還元率の高いカードへの新規入会を考えてもよさそうですね。

公共料金は「高額かつ安定した支出」なので、ポイント獲得にはまさに理想的な要素です。

一度手続きをしてしまえば自動でポイントが貯まりますし、さらに支払が多ければ多いほど還元率の高さが効いてきますから、ここは真剣に検討する価値があります。

クレジットカードを賢く利用しようと思ったら、公共料金をカード払いにする方法が有効だと言える理由がよくわかりますね。

公共料金をカード払いにするならカードの年会費のことも意識しよう

公共料金をカード払いにするのであれば、カードの還元率と合わせてチェックしたい事があります。それが、カードによって異なる年会費です。

公共料金の支払額にもよりますが、年会費が高いカードの場合、貯まったポイントよりも年会費の方が高くなってしまうことも考えられます。

そこで、公共料金をカード払いにする際に新たなカードを作る場合は、年会費が以下のような取り決めになっているカードを選ぶことを考えてみましょう。

  • 年会費がもともと無料のカード
  • 前年度の利用額が決められた額以上になれば年会費無料になるカード

もともと年会費が無料のカードなら年会費を気にせずに利用できますし、前度の利用額が決められた額以上になれば年会費が無料になるカードを持っている場合も、公共料金は高額になりやすいので条件が達成しやすくなります。

その中で、高還元カードを選ぶといいですね。そこで、公共料金の支払いにお勧めのカードを、3種類厳選してご紹介します。

公共料金には年会費無料高還元のJCB CARD W / plus L

公共料金の支払いには年会費無料で高還元のJCB CARD W / plus Lがおすすめです。このカードは、WEB入会限定で発行されるカードで、39歳以下の人のみ利用できます。

plus Lのカードの方は、JCB LINDAサービスと呼ばれるサービスが付帯されています。手ごろな掛け金で女性向けの選べる保険を任意付帯できたり、キレイをサポートするための優待サービスや情報の提供が受けられたりします。

基本還元率も一般カードの2倍(還元率1%)と高く年会費も無料です。また、優待店で利用すると2倍から10倍の優待店ボーナスもつきますので、よりお得感が増しますね。

ポイントの付与は1,000円ごとに1ポイントなのですが、毎月の利用金額を合計してからポイントの計算をするため、1回の利用が1,000円未満でも合計することでポイント換算される可能性があり、その点でもお得なカードだと言えます。

JCB CARD W

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

オリコカード・ザ・ポイントもおすすめ

年会費無料で高還元のOricoCard THE POINT(オリコカードザポイント)も公共料金支払いにおすすめです。

OricoCard THE POINT(オリコカードザポイント)は、入会半年間は2%の高還元、その後も基本還元率1%と高い還元率を誇るカードです。

OricoCard THE POINT(オリコカードザポイント)は、ポイント還元に特化したカードで、100円単位でポイントが付与されます。

1,000円以下のポイントが切り捨てされるカードが多数ある中、100円単位でポイントが付与されるのは大変魅力的で、長い目でみるとこの差は大きいと言えます。しかも年会費無料ですから、コストもかかりません。

オリコカード・ザ・ポイント

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

ドコモユーザーにおすすめ!dカード GOLDD

ドコモ料金を月に9,000円以上支払いをしている方には、dカード GOLDもおすすめです。

dカード GOLDの年会費は税込10,800円ですが、ドコモ料金が10%還元される為、ドコモ料金を月に9,000円以上利用している方にとっては、年会費が実質無料となります。

9,000円の10%は900円ですから、900円×12ヶ月=10,800円となり、年会費の元が取れますね。

dカード GOLDは基本還元率も1%と高いだけでなく、中国電力をdカード GOLDで支払うと、クレジットカード利用分のポイントと、中国電力のエネルギアポイントの2重取りができます。

中国電力のエネルギアポイントはdポイントに等価交換が可能です。dカード GOLDはローソンでの還元率が5%、高島屋での還元率が3%と高い還元率を叩き出せる店舗が数多く存在している高還元カードとしても人気ですよ。

ゴールドカードですから、空港ラウンジが無料で利用できたり、国内・海外旅行保険旅行保険も充実している点も魅力ですね。

dカード GOLD

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

公共料金をカード払いにするとポイントがもらえてお得ですが、そのために持つクレジットカードのポイント還元率も考えると、もっとお得になるということですね。
そうですね。同じ金額の支払いをしても、ポイント還元率が高いカードを持っている方がもらえるポイントの数が増えますからね。

公共料金の支払いを考えてカードを新たに作る人は、それも考えるとよりお得に利用できるんですよ。

公共料金をクレジットカード払いにするメリットとデメリットを検証

ここまではカード払いにすることでポイントが獲得できることについてお話してきましたが、他にも公共料金をカード払いにすることにはメリットがあります。

ですが、逆に公共料金をカード払いにすることでデメリットが生じることもありますし、カード払いにするなら注意したいこともあります。

そこで、公共料金をクレジットカード払いにするメリットとデメリットを検証し、クレジットカード払いを利用する際の注意点についても確認していきましょう。

メリットその1:支払金額に応じてポイントが貯まる

公共料金をクレジットカード払いでポイント貯まる

公共料金をクレジットカード払いすれば、支払い金額に応じてポイントが貯まります。

例として毎月の携帯電話代が16,000円、インターネットプロバイダ料金が3,000円、電気代が8,000円、ガス代が8,000円、水道代が4,000円とした場合、合計で月39,000円になります。

還元率1%のクレジットカード決済をした場合、1年間で46万8千円ですから、1年で4,680ポイント貯まります。1ポイント1円として、年間4,680円お得になりますね。

メリット2:公共料金の管理はカードにお任せ

クレジットカード払いには、公共料金の支出の一括管理が可能になるというメリットもあります。支払の記録が過去分まできちんと残っているため、確認がとても便利なのです。

月々の公共料金の支出をインターネットで手軽にチェックできれば、家計についての意識も変わります。これによって、より賢い家計管理が自然と可能になりますよ。

支払のチェックは勿論のこと、来月は電気料金をもっと引き締めようなどといった、節約に向けての目標も立てやすくなるでしょう。これもカード払いによって得られるメリットのひとつなのです。

メリット3:クレジットヒストリーも貯まる

最後に忘れてはならないのがクレジットヒストリーの蓄積です。クレジットカードを持っていても使わない方って意外と多いのですが、これは信用情報上いいことではありません。

良好なクレジットヒストリーは、利用がないと積み上がっていかないからです。でも公共料金をカード払いにすれば、毎月一定の利用実績になります。

クレジットヒストリー実績アップ説明画像

外からは見えませんが、知らない間に着実にあなたの信用は増えているのです。ポイントだけでなく信用まで貰えるなんて、なんだか得した気分になりますよね。

クレジットヒストリーが良ければ、その後住宅ローンなどのローンを組んだりクレジットカードのグレードを上げたりする時に有利に働きます。

その反対に気をつけて頂きたいのが、銀行口座の残高不足です。クレジットカード会社への支払ができないまま放置していると、信用情報に悪い履歴が残ってしまうこともあります。

公共料金のカード支払が始まると請求額が一気に増えますから、口座残高には十分気を配るようにしてくださいね。

公共料金をクレジットカード払いするデメリット

公共料金をクレジットカード払いすると、条件によっては損をすることがあるというデメリットもありますので、知っておきたいところです。

では、どのような時に損をする可能性があるのかというと、それは公共料金の支払先の企業が『口座振替割引サービス』というサービスを実施している場合です。このサービスは、口座振替によって公共料金の支払いをすると、公共料金を割り引いてもらえるサービスのことを言います。

このサービスを実施している企業の例を、いくつかご紹介します。

企業名 割引金額
東京電力 1か月54円(税込)
関西電力 1か月54円(税込)
四国電力 1か月54円(税込)
東京ガス 1か月54円(税込)
京葉ガス 1か月54円(税込)
東京都水道局 1か月54円(税込)

割引金額に関しては、この記事を執筆した時点の情報となっています。これを見ると、税込54円が一般的だと言えますね。ですが、公共料金をクレジットカード払いにすると、口座振替割引が受けられません。

となると、口座振替割引サービスが受けられる企業でポイント還元率が1%のクレジットカードで決済する場合、月の電気料金が5,400円未満であれば、クレジットカードのポイント還元よりも口座振替割引の方がお得となります。

ポイント還元率が一般的な0.5%のカードを使って支払いをする場合は、毎月の公共料金の支払額が10,800円未満の場合は口座振替割引を利用した方がお得になるんですね。

そのため、利用している企業が口座振替割引サービスを行っている企業の場合、公共料金の使用料やカードのポイント還元率を考慮して、どちらが得になるかを考えてからカード払いにするかどうかを決めるようにしましょう。ちなみに、利用先の企業が口座振替割引サービスを行っていない場合は、カード払いにした方がお得です。

公共料金をクレジットカード払いする際に注意したい事

公共料金をクレジットカード払いする際には、以下のようなことに注意しましょう。

  • カードの有効期限が切れる際の手続き
  • カードを切り替えた場合の手続き
  • カードを再発行してもらった場合の手続き
  • カードを解約した場合の手続き
  • 引っ越しの際の手続き

こういったことがあると、カード番号や有効期限などの情報が変わりますので、場合によっては公共料金のカード払いができなくなり、支払いが滞ってしまうことがあります。では、それぞれの場合にどのようになるのか確認しましょう。

有効期限が切れて新しいカードに更新される場合は、クレジットカード会社から各加盟店に定期的に新しいカードの情報が送られるため、自動的に引き継がれることが多くなっています。

ですが、大手カード会社JCBによると、カード番号変更のタイミングなどの利用の条件によっては情報が引き継がれないこともあると説明されています。また、三井住友カードも同様で、新しいカード情報に自動的に引き継がれることもありますが、そうでない場合もあると案内しています。

そのため、カードの有効期限が切れて更新されたら、念のためにカード払いにしている企業に連絡を入れた方が安心です。ちなみに、ショッピングサイトなどに登録しているカード情報が自動的に引き継がれることはありません。

また、カードをアップグレードしたりダウングレードしたりなどカードを切り替えた場合も、自動的に情報が更新される場合もあると説明されていますが、更新されないこともあるとも案内されていますので、連絡を入れた方が安心です。

ですが、カードを紛失して再発行してもらった場合は、一部の例外を除き自動的に情報が更新されることはありません。そのため、支払先の企業に連絡を入れないと、公共料金を支払っていないことになります。

それから、公共料金の支払いに利用しているカードを解約する場合、解約するよりも前に支払先の企業に連絡を入れて、支払方法を変更しておかなければいけません。そうしないと、公共料金の支払いを滞納することになってしまいますので注意しましょう。

逆に、引っ越しの際にカード払いの解約の連絡を忘れると不要な料金を払い続けることになってしまいますので、連絡を忘れないようにしましょう。

公共料金をカード払いすると、ポイントが貯まったり良いクレジットヒストリーを築くことができたりといったメリットがあります。

ですが、場合によっては損になることがありますし、またカードの更新時などには企業に連絡を入れる必要もありますので、その点には注意しましょう。

公共料金をカード払いにするとお得!ただし本当に得か事前にチェック

公共料金をカード払いにすると、ポイントを貯めることができてお得です。また、支払いの管理が楽になる、良いクレジットヒストリーを築けるなどのメリットもありますので、ぜひカード払いにすることを検討したいところです。

その場合には、ポイント還元率の高いクレジットカードを利用すると、さらにポイントを貯めやすくなります。

ですが、口座振替にすることで割引を行っている企業が公共料金の支払先の場合、支払金額によっては割引を受ける方が得になることもありますので、事前にチェックしておきましょう。それから、カードが更新されたり切り替えたりした場合には手続きが必要になりますので、それも忘れないように気をつける必要があります。

それらの注意点も知った上で、上手にカード払いを利用してお得に公共料金の支払いをしましょう。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断